大学生掛井仁の日常と非日常を綴るオタサイト  最近忙しいので更新頻度は低い。 ネタバレ注意でお願いします。


by jinkakei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

そういや忘れてた。

こんなブログもありました。

前回の記事にも書きましたが、このブログは完全に放置します。
面倒なので過去記事は消してませんが。

リアル知り合いはmixiとかで連絡とりましょう。

でわでわ、拙文に付き合って下さった皆様、ありがとうございました。
[PR]
# by jinkakei | 2007-05-13 14:32 | 日記

銀河新年

2006年が終わり、2007年が始まった、何ていうのは銀河系とまで行かなくとも太陽系レベルですら瑣末な話で、地球の公転軌道的にも宇宙全体の絶対座標系的にも一部の人類にとっての時間指標であるところの2006/12/31/11:59:59と2007/01/01/00:00:00で地球に何かあったかと言えばと人間というちっぽけな存在の内のさらに何割かがやっているドンちゃん騒ぎを除いてしまったら2006/12/31/11:59:58と2006/12/31/11:59:59の間で起こった変化とほとんど変わらないわけで、まったく僕らは精神的というか文化的な世界で生きているのだと思う今日この頃でした。

ちょっとした誤変換のネタを引っ張りすぎな上に整理しようとする気すらないから自分で読み返すのすら鬱陶しい文書をのっけから貼り付けてすみません。ぐだぐたと文句は言いつつも結局のところ明ければめでたい、そんな平均値的日本人の掛井です。

先日mixiに入れてもらいまして、ただでさえ存在意義の薄れているこのブログの価値が対消滅した感じで(対消滅:物質と反物質が出会った際に起こる現象(でいいはず)、「遂に消滅」の誤変換)、このブログを閉鎖しようかどうか迷っている次第です。

大したプランもなく始めたこのブログですが、リアルの非オタ知り合いが閲覧してくれるようになったため、僕の暗黒面を全開にすることもできず、(ヒソヒソとオタ話用ブログを作ったりしているのですが)、勉強の話は勉強の話で次年度から研究室のメンバー紹介用にと作っているブログがありまして、このブログの存在意義はつまるところ友人への生存確認となっていたわけで、mixiをすることになったならもう要らないかなーと思うわけです。
[PR]
# by jinkakei | 2007-01-07 04:25 | temp
 僕の同期に彼女持ちで運動部のレギュラーで勉強も出来るという、ハイスペック京大生の見本みたいな人がいるんですが、彼が昨日ビンク色のセーターを着て研究室に来ました。気になって仕方がなかったので「その服はどういうことなん?彼女の趣味?」と突っ込みを入れたところ、「じゃあお前はどうなんだ」と返され、ちょっと服装についての話になりました。ピンクのセーターは彼女さんではなくハイスペック氏の趣味で、「掛井も地味な色の服ばっか着てちゃいけないよ」ということを言われ、「いや、でもピンクは無理」と正直な気持ちを述べるに留まりましたが、ちょうどタイトルのような事情で今日は四条河原町まで服を買いに出かけることにしたので、一念発起して『ユニクロに行って黒っぽいヤツを買う』といういつものパターンから外れるつもりで、ユニクロ以外の着物屋を覗いてきました。

 ……、うん、無理。高いっすよ、フツーの服って。
 というわけで早々に諦め、いつもどおりユニクロへ。フリースの新しい奴を買おうかと(広げては戻しを繰り返して棚を汚しながら)柄とか大きさとか確かめ、しっくり来るものがなかったため結局買わず、当初の予定通り冬物の長袖シャツを二枚ほど買って帰りました(2,600円也)。まあ、ちょっとした挑戦として黒・紺・灰・こげ茶以外の色のシャツを買ってみました(でも暗い赤)。

 そういや、いつもどおりとか言いつつ、服を買うの自体2年ぶりくらいになります・・・
[PR]
# by jinkakei | 2006-12-10 17:41 | temp
ここで書き散らしている駄文でも書くとなると一応なにがしかのしゅうちゅうりょくらしきものが必要で、そういうのは出来る限り勉強に回さないといけない状況なのですよ。さもないとM属性が花開いてしまいかねないほどにミーティングのたびに指導教官に怒られています(つーか、研究室の先輩でハードMに仕上がっているらしい方が一人いたりします)。

 僕のためを思って的な叱り方なんで、嫌な感じではないのですが、まあ、後半になると先生も怒るのに疲れてきて叱責に力がなくなってくる辺り、ひたすらに申し訳ないのです。前期はなまじ色々な誤魔化が通用していたらしく(先生が「まさかこれがわかっていないことはないだろう」ということを僕がわかってなかった、という話ですが、)、その化けの皮が剥れたりすると、「え?これがわかってないんだったらあの話とかこの話とか全然わかってないのか?」というように先生が苦悩なされてしまい、ひたすら恐縮する日々ですよ。

 僕の状態を見かねてかミーティングの形式を変え、回数を増やしてくれたりするのですが、そうすると今度はバイトに行きづらくなると言うディレンマ。全然技能の伸びない僕に合わせた仕事を振ってもらったり、入社から半年以上たった今でも勉強のための時間を(時給付きで)取ってくれたりする懐の深い会社なので、何とか僕にできる仕事があるなら恩返ししたいのですが、勉強の忙しさが3回時の比じゃないので中々しんどい日々です。1~3回時にもう少し自分の状況がわかっていて、打開策を選択できたら今こんなに苦労はしていないわけですが。
[PR]
# by jinkakei | 2006-11-10 21:58 | temp

ジャケット

 夕暮れ時に外出しようとしたらやたら涼しげな風が吹いてたので。押入れから引っ張り出しました。ついでにまとめて冬物も出しました。真冬に着る分厚いコート(?)は高校のときから着てるので、去年で着納めにしようとか思っていたのですが、やっぱりもう一年着ることにしました。

 午前中に買い物で四条河原町の方に出たときは気温24度くらいあったのになあ(川端通り側から四条大橋を渡る際にどっかのビルの電光掲示板に気温が表示されているのが見えるのです。)

そう言えば、いつの間にかキンモクセイの香は消えてるし、落ち葉が増えてきました。つーか、10月も既に3分の2が終わっていると言う驚愕の事実。あれだけ遠く感じられたう*****のの発売日もあと一週間を切ってます。月日は百代の過客ってやつですか……

うー、それにしても僕の学業面の進捗状況は(底辺は脱したっぽいとは言え、)危機的ですよ。卒論なんか書けるのかなあ……
[PR]
# by jinkakei | 2006-10-21 17:40 | temp

四年目にして……

 大学生活を通して形成された僕の数式アレルギーは最早筋金入りと言えるような代物だったのですが*、ここ一月ほど指導教官の先生に絞られ、課題を出され続けたためか、多少軽減されつつあるようです。何だか久しぶりに数式を弄っているのが楽しくなってきました。高校時代以来のことです。
(*曲がりなりにも"物理"とつく学科にいるくせにそれはどうなんだ、という疑問はごもっともなのですが、、、)

 やはり僕なんかは一人で勉強していると、精神力の弱さから『苦手意識のためにしっかり勉強できない』→『更にわからなくなる』→『苦手意識が増す』という負のスパイラルに取り込まれてしまいがちで、それを自覚していても凝り固まった苦手意識を払拭するのは容易ではなく、誰かに叱咤され強制されなければ螺旋の底から抜け出すための一歩を踏み出せない、ということだったようです。

 まだまだ課題は山積みで、頑張らなければならないのはこれからなのですが、何とかスランプから脱出できたような気がします。本当に初歩的なところから付き合ってくれた指導教官の先生には感謝です。もうこの1ヵ月強の期間にかけた迷惑を考えただけでも、三年は頭が上がらない気がします。

 で、珍しく物理と言うか数学っぽい話をしてみようかと思います。ややマニアックな話になってしまいますので、別窓です。というか、書き散らした感じの非常に読みにくい文章です。

exp(iθ)と波動
[PR]
# by jinkakei | 2006-10-18 21:58 | temp

気がつけば10月

月日の流れは早いもので、もう10月も3分の1が終わってしまいました。

キンモクセイの香が気持ちよく、イチョウの臭気がおぞましい季節ですが、朝晩の冷え込みにあっさりやられまして、微妙に風邪気味なわけです。熱を出して寝込むほどではありませんが、何となく頭が重くて鼻水が出たりします。でも断固として下駄は履き続けます。
[PR]
# by jinkakei | 2006-10-12 17:22 | 日記

三連休ですね

先日久々に指導教官とお話して、散々お説教をされ、たっぷり宿題を出されてしまったため、3日とも研究室に行って作業をしなければならなくなりそうですが、挫けずに生きていこうと思います。

それにしても最近研究が(卒論用の作業も混じってきたので、「勉強」でなく気取って「研究」という言葉を使ってみたいと思います。)面白くありません。卒論のための下積みやらデータ収集やら、データ解析のためのツールのお勉強やら、地味な作業が多いためか、どうにも集中できません。前期は教官に叱られると、凹む反面で「頑張ろう」とも思えたのですが(偉そうに言うと僕の担当の人は厳しめながらフォローして発破をかけるのがうまいのです)、どうも鬱々としてしまいがちです。

やらなくてはならないことが山積みで、卒論にしても大枠はともかく、具体的なビジョンはまだまだ見えてこないため、脇目も振らず頑張らなければならないんですが、、、どうにもなあ……
[PR]
# by jinkakei | 2006-09-17 00:12 | 日記
昨日公園で弁当(税込262円)を食べていたら公園の猫が寄ってきました。目の前に「猫にエサを与えないでください!」という看板がありましたし、真に猫が好きならば野良猫にエサを与えるべきではないんだろーなーと思うわけですが、目の前にちょこんと座ってコッチを見つめる瞳に抗う術などなく、無責任にもアジフライの衣を剥いて投げ与えてしまう僕でした。

ちなみにその猫の画像です

b0035500_2232673.jpg



久々に猫を間近に見て幸せな気分になりました。でも野良猫にエサをあげ続けるわけにもいかないので、もうあの公園で弁当を食うのはやめようと思います。あー猫が飼いたいなー
[PR]
# by jinkakei | 2006-09-07 22:04 | 日記

八月が終わる

 何かこう、院試やって、終わってから力が抜けて、もっさり課題を出されて、バイトしながら勉強して、いつの間にやら八月も最終日ですよ。

 大学生活も四年目ですが、やはり小中高の12年間で培われた習性が残っているのか、八月の終わり=夏の終わりみたいなイメージが抜けません。それにしても夏らしいことは何もやっていないような気がするなあ……
[PR]
# by jinkakei | 2006-08-31 16:58 | 日記